<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

新米発送!!!





今日30日は花咲農園の新米発送日!



お陰様で今年も例年通りの日に新米がお送りできる。



c0196062_10164559.jpg



一生懸命発送準備をしている八柳と大渕。



c0196062_1017465.jpg




新米と共にあきたこまちの稲穂も送らせていただく。



少しでも収穫の秋を感じていただければ嬉しい。



c0196062_10185715.jpg



その稲穂を丁寧に箱に入れる大渕。




c0196062_1019303.jpg




このようにして新米が箱詰めされ



本日皆様のもとへと運ばれる。



無事にお届けできることを願っての作業は続く。

by hanasaka0 | 2009-09-30 10:23 | Comments(2)

お米の検査!




昨日報告したように



今日の午後、戸澤のあきたこまちが検査を受けた。


知らない方の方が断然に多いのだが



お米や麦、大豆などは必ず国が法律で定める


所定の検査を受けなければならない!




お米の場合は、品質により1等米から2,3等米、規格外と


4段階の基準に分けられる。



何を基準に分けられるのかというと

マニアックな話で恐縮だが



お米の粒の揃い具合(整粒歩合と呼ぶ)や


カメムシなどによる斑点被害粒の数



着色粒、変形した被害粒などなどを調べて


等級を決める。




しかし残念なことに、最終的に売られているお米には


この等級の表示義務はない。



お米の卸や農協系では、東京が下がると

生産者に支払われるお米の代金も下がる。




そのため、米農家にとっては当然のことながら



品質の良い1等米を作ろうと頑張る。



しかしながら、戸澤のようにたんぼで

殺虫剤や殺菌剤を一切使わない場合



カメムシの被害などで等級が落ちる危険が高まる。



お米の味には全く関係ないため釈然としないのだが

法律で決められている以上、きちんと検査を受ける。





その検査が今日行われた。





c0196062_15261534.jpg



国が定めた厳しい試験を合格した検査員の方達が車で来た。




c0196062_15275488.jpg



早速お米のサンプルを取り始める。



c0196062_15283846.jpg



どのようにして取るかというと

上の写真でお分かり頂けるだろうか?


一番右側の方が両手に持っているステンレス製の


長い棒を袋に刺してサンプルを取る。


ちなみにこの棒を刺し棒と呼ぶ。


なぜ長いものを使うか、それは


袋の上から下まで均一にサンプリングするためだ。


上からだけ取ると、小賢しい人がいた場合



下に粗悪品を入れ、上にだけ良いものを、などとする輩を防ぐため。



c0196062_15305355.jpg



取り出したサンプルのお米は、袋ごとに分けられ


厳しい目視検査が行われる。



c0196062_15315762.jpg



検査員は白い皿と黒い皿に玄米を入れ


慎重に検査する。




c0196062_15324840.jpg



その検査の模様を見守るリーダーの方。





このようにしてお米の等級が決まる。








そして戸澤のお米の結果は・・・・・・。











お陰様で全部1等米!!!




素直に嬉しい(*^_^*)




検査員曰く、



「戸澤さんの米、きれいですね」



とのこと。



今年も美味しいあきたこまちをお届けします!!!

by hanasaka0 | 2009-09-29 15:42 | Comments(2)

お米が玄米になる課程




稲刈りはお天気を気にしながらもどうにか順調に進んでいる。




稲が刈り取られてから、どのようにして玄米になるのか



これが結構知らない方も多いのでは・・・?


写真を使いながら、簡単にご説明を。



c0196062_14304834.jpg



まずは刈り取られた籾がダンプカーで


個人の所有するライスセンターに運ばれる。





c0196062_1432037.jpg



籾は張り込みホッパーにあけられ


c0196062_14592580.jpg



3台の乾燥機に入れられる。



この3台の乾燥機には籾が全部で20トン近く入る。




籾の玄米水分が15%以下になると乾燥作業終了!




c0196062_1512661.jpg



乾燥が終わった籾はこのような籾倉に一時入れられる。



そして今度は籾摺り作業。




c0196062_153514.jpg




籾倉からバネコンというパイプで業務用籾摺り機で籾殻を取り



玄米を大きさ別に選別する機械を通り



c0196062_1552221.jpg



大きさの揃った玄米が1トン入れの袋に入れられる。




c0196062_1561622.jpg



それをフォークリフトで受ける。




c0196062_156587.jpg




このような一連の作業を経て玄米が出来上がる。




この玄米は国の定める検査を経て



晴れて出荷されたり、花咲農園のお米として



お客様の元へ届けられる。





検査は明日。



その模様はまた明日ご報告を。

by hanasaka0 | 2009-09-28 14:27 | Comments(0)

天気に勝てない稲刈り・・・





今日の大潟村は朝から雨。


やっと稲刈りが始まったのに、雨。



雨が降ると稲刈りが出来ない。






それはなぜかというと、


雨に濡れた稲はコンバイン(収穫機械)で収穫すると




濡れた稲の葉が機械内部の籾とワラを選別する


網に張り付き全く機能しない・・・。



田植えは多少の雨でも出来るが



稲刈りだけは何とも。




本当にお天道様が恋しい稲刈りシーズンだ。

by hanasaka0 | 2009-09-28 10:37 | Comments(0)

稲刈りは順調




昨日は2日目の稲刈りをした。



c0196062_115923.jpg




収穫機械もトラブル無く頑張る。




c0196062_1155666.jpg






遠目の景色。




大潟村の広さを感じて貰えるだろうか???





c0196062_1164031.jpg





用水路に居たイナゴ・・・。




たんぼには無数とも言えるイナゴ。



殺虫剤を使わない証拠だ。






c0196062_1183591.jpg




これは宇宙。




c0196062_1185913.jpg




これも宇宙。



さすがに農家の次男坊。




「乗ってみな」


戸澤の一言に直ぐ反応。






何も教えないのに簡単に稲刈りをこなす。





こんな若者が安心して日本の食糧生産が出来る。





そんな日本でありたいと思った!!!

by hanasaka0 | 2009-09-26 11:11 | Comments(0)

新米準備





今日は20日に稲刈りをしたあきたこまちを



大潟村の中にある低温倉庫に異動し保管をして貰った。



c0196062_9403495.jpg



30キロ袋の山。




c0196062_940512.jpg




その山が二つ。





c0196062_9412531.jpg





花咲農園の会員から借りたトラックで運んできた。





c0196062_942476.jpg




これは600kg入りの袋。




フォークリフトで倉庫に運び込まれ




国の定めるお米の検査を受けた後






晴れて30日には皆さんの元に新米が発送できる!!!





楽しみにしてくださいね。

by hanasaka0 | 2009-09-24 18:36 | Comments(0)

今年の作柄は・・・。





先にもお伝えしたように


20日の日曜日にあきたこまちの初収穫をした。



今、籾摺り作業終盤だが



今年の作柄は







何と、昨年の1割減になりそうだ・・・・・。






多少少ないだろうと覚悟はしていたが





毎年同じように栽培していても



お天気次第でこんな結果になる。






残念だが天気だけはどうしようもない。


農家は本当に博打のようだ。



まだ稲刈りは始まったばかり。



気持ちを入れ替えて頑張るしかない。





久々にへこんだ戸澤だ。

by hanasaka0 | 2009-09-23 09:25 | Comments(0)

あきたこまちの収穫開始~~~!!!




大潟村はここ数日お天気に恵まれている。



花咲農園の新米発送日に合わせて


今日、稲刈りを行った!




今年は天候が悪く稲の生育が遅れ気味で


まだ収穫適期には一週間近く早いが



一週間待っていると新米発送日の30日には間に合わない・・・。


そこで今日稲刈りを行った。



以下は写真にてご説明を。




c0196062_16441154.jpg



ほぼ黄金色に実ったあきたこまち。




c0196062_1645221.jpg



稲をこのようにして収穫していく。



c0196062_16454628.jpg



ちょっとアップで。




c0196062_16461638.jpg



かなりアップで。


収穫機械(コンバインと呼ぶ)に乗っているのは

当然私、とざわ。



c0196062_16473886.jpg



花咲農園の会員、根本さんが見に来た。



c0196062_16482175.jpg




今年のお米の出来はどんな具合か


戸澤のあきたこまちの籾を真剣に見ている。


c0196062_16492264.jpg



収穫された籾は花咲農園の会員のライスセンターへ持って行く。

ここで籾の水分を15%以下に乾燥、調整して

籾摺り(もみすり)という籾殻(もみがら)を取り除く作業に進む。





c0196062_16522663.jpg



刈り取り途中のたんぼの様子。




そしてまたまた珍客が来た。



c0196062_16532968.jpg



分かりにくいと思うが、トンビ。


何をしに来たかというと




ネズミを捕まえにやってきた。




今日は多いときで10羽以上いた。


誰も教えていないのに、どこからかやってくる。



自然界の食物連鎖に改めて驚く。






こんな風にしてこれからしばらくの間



稲刈りが続く。




ブログも稲刈りネタが多くなると思うがご勘弁を。

by hanasaka0 | 2009-09-20 16:58 | Comments(0)

いよいよ黄金色(*^_^*)




大潟村はすっかり秋の気配。



朝夕は日によってはストーブに手が出そうな日もある。


でもこの昼と夜との温度差が美味しいお米を作ってくれる!




c0196062_15405823.jpg


戸澤のたんぼの風景。



見渡す限り一面の黄金色になり始めた。




c0196062_15415445.jpg



ちょっとアップで。



あと10日ほどで収穫が始まる。



そして戸澤の友達???


c0196062_1543512.jpg



イナゴ君・・・。




c0196062_15433370.jpg



ここにも。


たんぼで戸澤は殺虫剤を一切使っていないので


イナゴやらトンボやらクモなどが沢山いる。



c0196062_15445256.jpg


分かりにくいかもしれないが


イナゴに食べられた稲の葉・・・。



稲の葉を食べられるのは悔しいが


生物多様性を大切にして行きたい。

by hanasaka0 | 2009-09-16 16:26 | Comments(0)

盛大な会議!




昨日のブログでもお伝えしたとおり



ポルダー潟の湯で花咲農園の生産者会議が行われた。




今年は例年より多くの出席者で会場が狭く感じた。




c0196062_1525195.jpg



お行儀良く、正座して会員の皆さんに


丁重にご挨拶する戸澤。




c0196062_15262766.jpg



そして今年の米の刈り取り計画やら


出荷の計画やらを話す。




お米だけではなく野菜の中間報告や



大豆のことなども話した。





c0196062_15282270.jpg



その後、大潟村農協の宮崎組合長から


当農協の現状や秋田県農業界の課題


そして全国の農協の話やアメリカとのFTA

のことなどを40分ほど話して貰った。



c0196062_15302940.jpg




真剣に聞き入る皆さん。




c0196062_15313453.jpg



みんなこの先の農業がどうなるか真剣だ!!!




このようにして会議が終了。





その後は当然のことながら



豊作と農作業事故のないことを祈って


c0196062_15331124.jpg



皆さんで豊作祈願祭???




この時ばかりは皆日頃の疲れを忘れ


農業談義に花が咲く。




何時まで続いたか、私は分からないが・・・。





皆さん、お疲れ様でした~~~。

by hanasaka0 | 2009-09-15 15:22 | Comments(0)