<   2010年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

海も異変!



昨日、今年初の釣りに行ってきた



場所は男鹿半島沖


水深100m~140mラインで





メバルを狙った船釣り


70歳ほどのベテラン漁師の船で出港



魚群探知機を注意深く見ながら操船する




魚探には最高の魚影が出る





そこを狙って仕掛けを落としていくのだが・・・




どうした訳か一日中頑張っても




思うような釣果にならない





船頭曰く




今年は海水温がまだ低く例年のような


釣果はどこにも出ていないとのこと





海の水も冷夏で進むのだろうか



 

by hanasaka0 | 2010-05-31 10:47 | Comments(0)

今年最初のお客様




田植えも終わりたんぼで雑用をしていたら



今年一番のお客様がたんぼにやってきていた




それがこの子


c0196062_14233970.jpg



用水路を一人で泳ぐ




c0196062_14241760.jpg




野生のカモの子



c0196062_14244263.jpg



アップで





そろそろ皇居でのカモも話題になる頃だな~




c0196062_14254121.jpg


正面から




c0196062_14255910.jpg




とにかく可愛い




一羽だけだったので



もしかしたら親や兄弟からはぐれたのか・・・




心配だが野生の動物に




人間がよけいな手を差し出すことは厳禁だ



今日行ったらいなかったので




きっと親と一緒になったのだろう




和まされた時間だった




自然との共存



言葉で言うと堅苦しいが



自分で出来ることを当たり前のように行い



暖かいめで環境を見守っていきたい

by hanasaka0 | 2010-05-29 07:22 | Comments(0)

毎年同じ???




昨日の夜



一年前は何をしていたのだろうと


作業日誌やら


このブログを見てみた




やはり想像したとおり




特段変わったことはしていなかった・・・


当然と言えば当然なのだが


農家が毎年違うことをすること自体



あり得ないよね!





毎年毎年同じ事を繰り返しながら



それでもちょっと新しい農業技術を試したりする


そんなことの繰り返し


それがもう30年ほどになる



これが本物の百姓の生き方だと思いながら


30年過ぎた




でもまだまだ未熟者


これからも切磋琢磨しなければ



秋田の農村では田植えが終わると



早苗振り (さなぶり)


と呼ぶ年中行事がある




これは田植えが無事終わったことを祝い



近所の人たちと慰労をする行事





今年は私の住んでいる自治会の会長に選任されているので



来月に行われる早苗振りの準備にも取り掛からなければいけない





取りあえず与えられた仕事を頑張るか


農村では一人では絶対生きられないのだから


仲間を大切にし合わなければ

by hanasaka0 | 2010-05-28 07:21 | Comments(0)

苺の花




花咲農園の前にある苺畑




今年も可憐な花を咲かせてくれた




c0196062_1620462.jpg




こんな感じで、葉の緑の中にひっそりと咲く白い花



可憐じゃありませんか~




まるで私のよう  (絶対に)




c0196062_16221475.jpg



アップで見るとその可憐さがよく分かる


純白の花びら




c0196062_16234189.jpg



ピンぼけ気味だが



すでに美になり始めたものも



これから太陽の光を沢山浴びて




大きな実になり




赤く色づいてくる





皆さん




露地栽培の苺は


秋田ではこれから育つんですよ



露地栽培のものは



ハウス栽培のものとは違う



太陽の甘みが感じられます





私的には苺の旬は




決して12月ではありません!!!




でもなかなか露地栽培の苺は手に入りませんよね・・・

by hanasaka0 | 2010-05-27 16:29 | Comments(2)

ツバメ




毎年のことだが



今年も我が家の車庫に


ツバメがやってきている




このツバメを見ると夏がやってくる


そんな気になる






正直、フンを大量に落としてくれるので


ちょっとやっかいなのだが



ツバメの巣の下に新聞紙を敷いて置けば大丈夫


あと少しで可愛い雛がかえることだろう



ツバメは幸せを運んでくれるという




いつの日になるか分からないが


幸せが来ることを期待して静かに巣を見守ろう

by hanasaka0 | 2010-05-26 06:46 | Comments(2)

田舎の良さ実感




田植えも無事終わり



それとともにたまっていた仕事を片付ける



昨日所用があり東京へ日帰りで行ってきた



天気予報で気温を確認して行ったが



予報では秋田と大して変わらない気温





安心して飛行機の乗ったが



着いて電車に乗った途端




不快指数100000%・・・




秋田と同じくらいの気温だというのに


妙に蒸し暑く感じた



最終の飛行機で帰ってきて




東京と秋田の体感気温の違いを考える





以前から分かっていることだが


自然豊かな(豊かすぎ?)秋田では



同じ気温でも吹き渡る風や緑の香りなどで


体感気温が違うのだろう




真夏日でもたんぼにいれば都会の暑さとは


比べられないほど爽やかなのだ




これがお金に換えることの出来ない価値の一つ




改めて実感した

by hanasaka0 | 2010-05-25 07:05 | Comments(0)

ギャル、田植え



先日シブヤギャル達が種蒔きしたことを書いたが



昨日そのギャル達が今度は大潟村で田植えをした




私は所用があり残念ながら行けなかったが


今日の秋田ローカル新聞にも記事が載っていた




さすがに2年目という事もあって


かなり慣れた手つきで田植えをしたそうだ





色々な御意見もあるだろうが



若い人たちが農業や食に関心を持つことは




これからの日本の食糧を考える上でも

大変大切かと思う



今年も無事稲刈りまで進みますように




その一方で



宮崎の口蹄疫問題は



なかなか解決に進んでいない



畜産農家の方達の心労はいかばかりか



我が家も大潟村に来る前は



搾乳農家だったので


とても人ごととは思われず


心から被害の拡大が止まり



一日でも早く終息することを願っている

by hanasaka0 | 2010-05-23 06:47 | Comments(0)

田植え終了!




今日の午前で


無事田植え終了




今年の田植えは新車で快適なうちに



事故もなく終わった




毎年のことだが



事故なく終わった事に


真摯に感謝!




これからは稲の管理作業に入る




丁寧な管理に心がけ


豊かな秋を迎えたい







春の農繁期中におきた


宮崎の畜産被害




同じ農家として本当に言葉も出ない



早く終息していつも通りの作業が出来ることを願うしかない



ウィルスと言う目に見えない敵に


これから先もどのような対応をしたらよいのか




皆で今一度真剣に考えるべきではないだろうか

by hanasaka0 | 2010-05-21 15:34 | Comments(0)

晴耕雨読




タイトルの4文字熟語




ご存じの方も多いのでは



まさに農家のためにある言葉





田植えは後一日で終わるのだが


今日は昨日からの雨が一段と強くなり



田植えを一日休むことにした





焦って植える必要もないし


今日はちょっとのんびり




雑用でも片付けるとしよう




晴れない雨はないのだから

by hanasaka0 | 2010-05-20 09:42 | Comments(0)

半分終了




今日で田植えも半分終了!


田植え機はこの上なく順調に働いてくれている




田植えを始めてからは天候にも恵まれ


気分も上々



この調子でがんばろ!!




今日は疲れたのでこの辺で

by hanasaka0 | 2010-05-17 18:46 | Comments(0)