<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ノギャル 今年も来るぞ





暗い話ばかり書いているが




楽しい話題も







シブヤギャルの皆さん







今年も稲刈りに来てくれるそうだ













今週の土曜日







10月2日









渋谷からバスでやってくるとのこと
















あいにく私は稲刈りで行けそうもないが

















お時間のある方は是非来てみたらどうでしょう














なかなか素直な良い子達ばかりですよ








お待ちしてます

by hanasaka0 | 2010-09-30 07:01 | Comments(1)

生産者が出来ること・・・






昨日ブログに書いたことだが






一人




夜に色々考えた











いつも何かあるとよく考える








考えすぎと言われることもあるが・・・













今年の稲の管理に手落ちがなかったか









何か大切な作業を落としてなかったか













水管理はちゃんとしたか






などなど・・・













考えるときりがない
















そこでの結論は











しっかりやった!







出来る限りのことはちゃんとやった







ではなぜ???












やはり農民は天気には絶対勝てないのだ













今年の夏は猛暑で





病院に運ばれた方が多数いた








人間でさえ参ってしまう暑さ













田んぼや畑の作物は










エアコンもなければ








扇風機もない











もちろん日陰もない












そこに今年の猛暑








農民は自分の知識と経験を最大に発揮し









丹誠込めて育てている作物を守ろうと必死だった











でも



でも








悲しいかな








天気に勝てる農民はいなかった











私を始めとして





農民は今年の暑さで







天気の怖さとありがたさを再認識した







決しておごることなく






自然に感謝し






自然を侮るなと言うことを













平成5年の





米の大凶作











平成16年の









台風による塩害被害








今回のことで






過去の天災を思い出した













天災は忘れた頃にやってくることを

by hanasaka0 | 2010-09-29 17:52 | Comments(0)

お米の黒い斑点について






お米の品質が悪そうと


過日書いたが




新米発送の際




お客様にお届けするお手紙を






書いたので










ここにも載せよう







本当に悲しくて






マジで涙が出てきそうだ・・・







天気に勝てない農業の現実






以下がお手紙




















花咲農園のお米をいつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。




稲刈りをし、玄米を作ってみましたところ、お米に黒い斑点のついた粒が


例年とは比較にならないほど沢山ありました。




この原因はカメムシという害虫が、籾の中のお米がまだ堅くならない時期に





くちばしを刺して中のお米を吸ったために出来たものです。






まれにミカンのひとふさが白くて堅くなったりするのもこれと同じ被害です。










もう一つの原因が、今年の夏の猛暑によるものです。











稲は夏場の身が太る時期に必要以上の高温になると







生理障害を起こし、粒が黒くなってしまいます。








花咲農園のあきたこまちは食べてくださる方の安全と、









地域の環境に配慮して栽培しているため、







田んぼで除草剤以外の殺菌剤や殺虫剤は一切使用しておりません。









そのためこのようなことが起こってしまいました。






外観的に不快な思いをされる場合もあるかと思いますが、





召しあがって頂くことには何ら支障はありませんのでご安心ください。







今回のことをお許し頂き、今後とも当農園のお米を






召しあがってくださることをお願い申し上げます。




















ああ



無情

by hanasaka0 | 2010-09-28 06:52 | Comments(1)

作柄は・・・






大潟村は稲刈り真っ盛り




あきたこまちの刈り取りも始まっている






収穫量はと言うと










良くない・・・







人によって差はあるが





昨年より10~20%の減収







困ったな~






春先の天気が悪く









夏場に暑すぎ




稲にとっては辛い天気だった








でも愚痴ってもしょうがない















頑張って稲刈り続けるぞ

by hanasaka0 | 2010-09-25 17:29 | Comments(0)

腰痛・・・






昨日の朝起きたときから





なんか腰に違和感が・・・







あ~



まただと自覚












腰痛持ちであります










何となく腰をかばいながら






今日も稲刈りしたのだが















ちっとも痛みは引けず








身体が右に傾いたまま歩いている





じっとしていても痛い






明日はコルセットをして










稲刈りするか・・・

by hanasaka0 | 2010-09-24 18:53 | Comments(2)

雨が続くと・・・






大潟村は今日も雨





雨が降ると稲刈りは出来ない






稲刈りが出来ないだけならまだ良いのだが











今月に入ってからと言うもの








雨の降り方がハンパ無く強い
















雨が強いとどうなるのか










c0196062_9225080.jpg






こうなる・・・








c0196062_923151.jpg





これも









c0196062_9233949.jpg





分かるかな~?






手前が倒伏した田んぼで






奥が倒伏していない田んぼ









この写真は私の田んぼではないが











稲が倒れて雨が降ると








稲が乾くまで時間を要し






なかなか稲刈りがはかどらない












では








戸澤の田んぼは???
















c0196062_9271797.jpg





このとおり





元気!!!







c0196062_9275388.jpg









遠くに男鹿半島の寒風山が見える















まだ稲刈りは始まったばかり














稲刈り頑張る!

by hanasaka0 | 2010-09-23 07:20 | Comments(0)

魚釣り







稲刈りが始まる前







今月の上旬に








釣り仲間と共にメバルとタラを釣りに出かけた












当日は絶好の釣り日和






釣果もまずまず








釣っているところを画像に残そうと思ったら










なんとこんな時に限って






デジカメを車に忘れた








何とも俺らしい・・・













そこで





クーラーボックスに入っている魚をご覧あれ














c0196062_14181820.jpg








タラ





このクーラー




50リッタークーラーだよ







c0196062_14193922.jpg






メバル





赤いのね





このメバルだって




決して小さくないけど







タラが大きいから








メバルが小さく感じる






こんな風に





童心に返って遊ぶにも大切だな・・・








稲刈り終わったらまたいこ

by hanasaka0 | 2010-09-20 06:37 | Comments(2)

子供も稲刈り?







協同で稲刈りをしているMさんの





小学1年生のお孫さんFくんが





お母さんと田んぼに来た










目的は











当然   稲の刈り取り機械に乗ること









おじいちゃんと一緒に農作業(^o^)





c0196062_10422014.jpg







Fくん  超楽しそう!






でもそれと同じくらいおじいちゃんも楽しい!!!












c0196062_10441550.jpg












さすがにまだ小学1年生なので





機械操作は無理だが











機械に乗ることに大きな意味がある










c0196062_10454119.jpg









このようにして農作業に触れることで







農業の大切さを知っていく







ちなみにF君のお父さんは





農作業所で一生懸命籾摺り!!!










家族で仕事を分担して作業を進める














F君






日本の食糧生産は君の肩に掛かっているぞ






頼んだよ!!!







Mさん






お孫さんと作業が出来て





幸せですね!(^^)!

by hanasaka0 | 2010-09-19 06:37 | Comments(0)

野に咲く花たち






稲刈りの合間に田んぼの周りを見ると




秋の花が咲いている





普段何気なく見過ごしているが







結構な種類が見つかるものだ







花には全くと言っていいほど無知な私なので






名前はほとんど分からないが







齢を重ねるごとに





ひっそりと咲く花が目につくようになった






では私はほとんど名前を知らない花たちををご覧あれ

















c0196062_17333480.jpg





c0196062_17334694.jpg





c0196062_17335945.jpg






c0196062_17341083.jpg







c0196062_17341880.jpg







c0196062_17342677.jpg








c0196062_17343310.jpg















c0196062_17344795.jpg









c0196062_1735137.jpg








c0196062_1735813.jpg







c0196062_17351718.jpg






c0196062_17352494.jpg








c0196062_1735362.jpg











c0196062_17354424.jpg











c0196062_17355531.jpg














c0196062_1736371.jpg















c0196062_17361289.jpg










c0196062_17361940.jpg







沢山の画像恐縮です・・・






花の名前を分かる方がいらしたら






お教えください!











最後に田んぼの生き物の定番







かえる君を








c0196062_17395685.jpg








c0196062_1740420.jpg






稲の刈りあとにひっそりといたよ!!!

by hanasaka0 | 2010-09-18 17:42 | Comments(0)

生物多様性の村







大それたタイトルにしたのだが





大潟村では農薬を限りなく削減した



農産物の生産をしている







そのことをちょっと紹介










c0196062_957930.jpg







何かお分かりになる人は凄い








実は大空に舞っているのはこれ










c0196062_9575669.jpg







アキアカネ




通称 あかとんぼ








今の時期 大潟村ではどこでも見られる








c0196062_9594320.jpg





後ろ姿






赤とんぼと真っ赤な夕日






これがなければ農村風景は成り立たない!








そしてお次








c0196062_1011971.jpg







見つけられるかな?






保護色で稲の中にいる








c0196062_102770.jpg






そう






この子は





イナゴ






イナゴは今の時期



恋の真っ最中







子孫を残そうと一生懸命だ







農薬を削減し始めた10年以上前から







田んぼに大量に発生した






佃煮にもなるので





食べたことのある人もいるはず





私も食べたことが当然ある







しかしイナゴは稲の葉を食べるので






農家にとっては正直





害虫





でも彼らも一生懸命生きている






極端な被害がない限り






大潟村の農家は殺虫剤を撒かない







多様な生物との共存






地球に生きるものとして







大切なことだと思うのだが

by hanasaka0 | 2010-09-17 10:12 | Comments(0)