2009年 04月 28日 ( 1 )

勉強会!!!

こんにちわ。

世界中で豚インフルエンザの対応に追われている。

狂牛病、鳥インフルエンザ。
そして今度は豚インフルエンザ・・・。

人類は現在までの長い歴史の中で
常に細菌と戦ってきたのだろうが
近年は特に新しいウイルスの発生が多いような気がする。

今回の豚インフルエンザの原因が何かは
まだ分からないだろうが、狂牛病は
牛に牛を食べさせる!

これが原因だったと記憶している。
人間の化学も万能ではない。
もう少し自然界に対して謙虚になることを
考えなければならない21世紀ではないだろうか。

難しい話題はこれ位にして。

今日は、「大潟村水稲種子生産組合」
名前が長ったらしい・・・。

この組織で各生産者の稲の苗を視察する
集まりがあって、参加してきた。
c0196062_180398.jpg

しゃがんでいるのが私。
このように、各農家の育苗ハウスにお邪魔し
苗の生育具合などを見て回る。

実は、私も父の代からの水稲種子生産農家だ。

過去には秋田県知事賞を頂いたこともある。
(ちょっと自慢?)

米農家が種を播く種籾は、基本的に毎年
新しい種を使用する。

それはその品種本来の持っている特性を
維持して、常に美味しいお米を作るためだ。

その種籾を私も栽培している。

種籾の生産故非常に気を遣うのだ。

苗に病気の発生がないか、田植え後も
病気や害虫に犯されないように注意し
倒伏(稲が刈り取り前に倒れること)
しないように、などなど。

今年最初の学習会が今日のハウス巡回。

c0196062_1881141.jpg

左端の腰に手を当てているのが私。

講師は沢山来る。

秋田県の職員で農業改良普及員の方々と
大潟村農協の営農指導員などなど。

c0196062_18103692.jpg

(これも左端が私)
このようにして、苗の生育状況や
病気の発生が無いかなどを丹念に
一件ずつ見て回る。

忙しいこの時期だが、他の方の苗を
拝見し参考になることが沢山ある。

私の苗は何ら問題なく順調とのお言葉。

明日からは、マジ代掻きに入ります。

by hanasaka0 | 2009-04-28 18:18