2010年 02月 03日 ( 1 )

節分




2月3日は 節分


節分は豆を撒いて鬼を退治し

一年間の幸せを願う


私の知識はこの程度のものだった


今回、どんな意味があるのかインターネットで調べたら


下記のような由来があった


「節分」は“せち分かれ”ともいい、本来季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉です。しかし現在では立春の前日にあたる2月3日を節分と呼び、豆をまいて悪疫退散や招福の行事を行うのが一般的です。豆まきには悪魔のような鬼の目“魔目”にめがけて豆を投げれば“魔滅”(魔が滅する)という意味が込められていると考えられ、厄年にあたる人が豆をまきながら「鬼は外、福は内」と叫びます。また豆まきのほか、鬼を払うため鬼が嫌うヒイラギの枝にイワシの頭を刺したものを戸口に立てておいたり、炒った大豆を年の数だけ食べる、といった習慣も今に伝えられています。




まさに季節の行事の一つ




私が子供の頃は学校でも豆まきをした



小学3年生頃までだったと思うが・・・



これはその地方によってまちまちだと思うが



私の育った所では、節分には殻付きの落花生を

子供達みんなで撒いた



鬼の役が誰だったのかは覚えていないが


子供がやることはなかったはず




何で落花生か・・・





それは豆まきをした後に拾って


みんなで食べられるから




テレビなどで放送される豆まきの風景は


皆、大豆を撒いているようだが



私の所は大豆は撒かなかった




私が勝手に想像するに

大豆は撒いてしまうと回収が大変




落花生は回収が簡単だし


拾った後に食べられる



農家にとって大豆は大事なもの



自家用の味噌原料や


この次に蒔く種にもなる



もったいない精神と共に、農家の精神的な

栽培したものは捨てられない的発想だと思う


こんな事を思うのは私だけだろうか




今年も様々なことを思いながら

心を込めて


福は内

by hanasaka0 | 2010-02-03 09:13