2011年 01月 07日 ( 1 )

七草


今日は七草

お正月気分も抜けてきた

ちょっとここで七草のうんちく

ネットからお借りした文言でご説明




七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習のこと。

本来は七草と書いた場合は秋の七草を指し、小正月1月15日のものも七種と書いて

「ななくさ」と読むが、一般には7日正月のものが七草と書かれる。

現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、

人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。


芹(せり)薺(なずな) ナズナ(ぺんぺん草) 御形(ごぎょう) ハハコグサ(母子草)

繁縷(はこべら) ハコベ(蘩蔞)  仏の座(ほとけのざ) コオニタビラコ(小鬼田平子)

菘(すずな) カブ(蕪) 蘿蔔(すずしろ)


この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七種がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。

呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな

栄養素を補うという効能もある。


七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。

囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの行事と、
豊作を祈る行事

結び付いたものと考えられている。

歌の歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、

バタクサバタクサ」など地方により多少の違いがある。



以上のようにある

ここで注目したいのは太字の部分

やはり昔から農業に関係していたのだ!

日本には昔から伝わる様々な行事があるが

そのほとんどの由来は豊作や豊漁に関係している



今では世界中から様々な食糧が輸入され

四季を問わず食することが出来るが

時には季節の行事を見つめて

先祖が何を思い歳時を行ったか考えることも必要ではないだろうか


などと考えながら

c0196062_10144679.jpg


今年も七草がゆを頂こう

by hanasaka0 | 2011-01-07 06:45