生産者会議、開催~~~

こんにちわ。

昨日は午後から大潟村の温泉施設
ポルダー潟の湯にて生産者会議を開催しました。

雪もだいぶ溶け皆さん色々と忙しいようで
参加人数は少し少なかったものの、和気藹々とした会議でした。

内容は今年のアファス認証の書類関係の説明が主でした。
その後、恒例の懇親会。

皆さんアルコールが入るとさらにハイテンション。
特に今回は若手生産者が多く圧倒されました。
戸澤も皆さんについて行くのがやっとです。
c0196062_11561486.jpg


明日からは大地を守る会の地区集会と
東京集会に参加してきます。

# by hanasaka0 | 2009-02-27 11:59 | Comments(0)

行ってきました、地域再生

こんにちわ。
昨日のブログにも書きましたが行ってきました、地域再生。
昨日の午後1時から秋田市のカレッジプラザで行われた

地域再生システム論 キックオフフォーラム
食糧自給率向上で
秋田県農業の再生を!

c0196062_14105274.jpg


今回は画像が多いのですがお許しを。

この集まりには何とテレビ局やら新聞社が多数来ていました。
秋田県の農業はやはり大変な時代を迎えているなと実感。
c0196062_14173481.jpg


まずはじめに秋田県立大学の小林俊一学長がご挨拶されました。
この取り組みは産学官一体となった取り組みをして進めていくものだ
とのご挨拶でした。
c0196062_14101923.jpg

小林学長は大地を守る会の会員さんでもあります。
ちょっと嬉しいです。

その後、地域再生システム論 地域と大学の連携
と題して、内閣官房地域活性化統合事務局の、
木村敏昭企画官から報告がありました。
c0196062_14145286.jpg


そして私の親友でもある(と、戸澤は勝手に思っているが、違っていたら
谷口さん、ごめんなさい)秋田県立大学の谷口吉光教授から
「秋田県立大学における地域再生システム論の進め方」
の話がありました。
c0196062_1422698.jpg

ようするに、大学が主体となって、学生さん達や民間の人たちで
一緒に地域再生を考え学びましょうと言うことだったと私は理解しました。

c0196062_14485632.jpg

そして
基調報告:国の食糧自給率向上政策の概要
を、農林水産省大臣官房食糧安全保障課
郡 健次食糧安全保証専門官からの話がありました。

c0196062_1428074.jpg

なかなかハンサムで素敵な郡さんです。

内容は我が国の食糧自給率向上に向けて
でしたが、分かりやすい資料と丁寧な説明でした。
農水省も色々考えて入るんだな、とちょっと関心。
でも本当に現実可能なの?
またまた絵に描いた餅になるんじゃないのかな、というのが私の感想。

その話を受けて、恒例のパネルディスカッション。
秋田県農林水産部の方や秋田県内の農協の専務さん、秋田県内で
養豚を会社組織で成功されている会社の常務さん。
そしてパルシステム生協連合会の産直事業部長の野村和夫さん。
c0196062_14354645.jpg

この方には私が産直を始める前からお世話になり、産直とは何か、
産直の本質などを教えてくださった方です。

話の内容は各組織や行政の取り組みなどを紹介していただき
それをどうやって秋田県農業に生かすかと言うこと。

一言で言ってしまえば簡単だけど、これが簡単にできたら誰も苦労はしない。
地域性や立場の違いで考え方が皆違う。
当然のことだが。

そんな中、野村部長が言われた、消費者とどのようにして共通理解を
持ちながらコラボレーションしていくかが大切。
c0196062_14434390.jpg

この言葉が大変心に残りました。
最後にまとめの挨拶をされた、秋田県立大学の佐藤了学科長も
消費者側というか流通側の野村さんにお越し頂いたことは
大変意義深いことだったと、私に話されました。
c0196062_14432089.jpg

上の写真はその挨拶をされている佐藤了さんです。

という訳で、何ら報告になっていませんが、日本の食糧をどうしていくのか
今後のことを真剣に考えた一日でした。

# by hanasaka0 | 2009-02-25 14:52 | Comments(0)

地域再生

こんにちわ。

今日は13:00から秋田市のカレッジプラザというところで

地域再生システム論 キックオフフォーラム
食糧自給率向上で
秋田県農業の再生を!


と題してのフォーラムに参加してきます。
主催は秋田県立大学ですが、私が常々お世話になっている教授や
花咲農園の農産物を産直させていただいている、パルシステム生協連合会
の野村産直事業部長もパネルディスカッションのパネラーとして
お越しになります。

今や日本経済は大変な時代を迎えていますが、秋田のような地方は
首都圏以上に雇用の悪化や低賃金で先行きの見えない状態です。

そんな中、農業県である秋田がもう一度農業で地域再生を、との集まり。
大変興味深く、私も色々な方の意見を参考にしてこようと思っています。

限界集落などとかく暗い話題の多い地方ですが、都市と地方の共存を
上手く進めていくために、地方からの情報発信のアイデアが必要だと
常に思います。

どんな話になるのかは、後日ご報告できるかと思います。

では、行って参ります。

# by hanasaka0 | 2009-02-24 10:44 | Comments(0)

一週間ぶり・・・

こんにちわ。
大変ご無沙汰?(申し訳ありません)
ここのところ何かと忙しくしておりました。

大潟村は春が近づき、間もなく農作業が始まろうとしております。
先週は今年の減反に関する説明会が開かれました。

減反と言っても分からない方が多いと思います。
現在日本では、全てのたんぼにお米を栽培すると余ってしまい
お米の価格が下がります。

そうすると米生産農家は所得が下がり、生活が大変になると言う
理由から、国や農協関係が主体となり、お米の作付けを調整しています。
(一部ではカルテルの対象になるのではないか、との意見もありますが
この場での私の意見は差し控えます)

その説明会では、昨年と同等並みの減反(転作)の予定だとの話でした。
(私は別の用事があり出席できませんでしたので、出席した人から聞きました)

いつも思うのですが、生産現場に話が落とし込まれる時期が遅すぎます。
農家は今年作付けする種籾を昨年の9月には予約しているのです。
その時点では当然のことながら、行政からは来年の予定など知らせて貰えません。

行政には行政のご都合がお有りでしょうが、もういい加減現場に合わせた
政策を打ち出して貰いたいものです。

いつの時代も行政の鶴の一声で農家は右往左往してしまう・・・。
日本の食糧自給率は今や39%。
一番自給率の高いお米ですら95%。

日本の食卓は誰が守るのか。
未来永劫、日本はお金の力に任せて、食糧を輸入し続けられるのか。

日本は食糧安全保障を投げ捨ててしまったのか。
いや、そんなはずはない。
農水省の官僚も頑張っているはずだ、と思うがこんな事を考え出すと
だんだん腹が立って怒りたくなる戸澤です。

# by hanasaka0 | 2009-02-22 16:35 | Comments(0)

地球温暖化???

今日の秋田のローカル新聞記事。
共同通信社との合同連載だったような気がする・・・(自信がありません)

それは連載記事ですが、大潟村の周りを取り囲む八郎潟の
名残の八郎湖が凍らないとのこと。

私も気になっていて先週、証拠写真にとこのような写真を
撮っておきましたが
c0196062_1623095.jpg

まさに新聞記事にも同じような写真が・・・。

今年は前からお伝えしているとおりの雪不足で八郎湖が
全く凍りません。
いつもの年ならば湖が凍って、その氷の上でワカサギ釣りを
釣り人は楽しむのですが、今年は写真の通り、船着き場からの
ワカサギ釣りです。

大潟村に住むようになってから、記憶が正しければ初めての光景。

いったいこの天気はどうなっているのだろう。
そして今年の夏の天気は・・・・・。

# by hanasaka0 | 2009-02-16 17:13 | Comments(0)