今日は立春

こんにちわ

昨日は節分でしたね。
鬼は外、福は内
沢山のお宅でこのようなかけ声で豆まきをされた方も多いのでは。

その節分が終わると、立春。
暦の上では今日から春。

昨日も書きましたが、本来の秋田であれば、見渡す限りの雪、また雪。
そんな景色ですので、とても立春の感じはしません。
しかし今年は暖冬で大潟村は雪がありません。

農家の性で、春になり雪が消えるとたんぼの仕事がしたくなって
しまいます。

お米作りは一部の地域を除いて、基本的には1年で1回しか
収穫できません。
だからこそ失敗は許されないのです。
だってその1回の収穫で1年間生活しなければならないのですから。
なので雪が消えると今年出来る最大のことをしたく、たんぼに
行きたくなるのです。

だからこそ、農家は一年の天気を非常に気にするのだと思います。
自分で出来ることは最大限の努力をする。

しかしながら、天候次第ではその努力が必ずしも報われないときもある。
悲しいことですがこれが農業の現実です。

でもそのような悲観的な気持ちにならずに、作物だって頑張って生きていて
それを愛しみ育てて、収穫し感謝していただく。

こんな当たり前のことを今年も目一杯頑張るぞ。

# by hanasaka0 | 2009-02-04 13:07 | Comments(0)

朝日新聞 1面トップ

こんにちわ

今日の朝日新聞の1面トップをご覧になった方も多いのでは。

「減反参加は農家の選択、参加なら所得保障見直し案判明」

こんな見出しで農水省の米生産調整見直し案が載りました。

私も米生産農家で、行政の動きには注意深く見ているつもりですが
何とも複雑な心境です。

世界的には食糧が不足していて、日本の食糧自給率が40%を
割り込んでいる。
昭和40年には73%の自給率があったのに。

この先日本はどこで誰がどのようにして生産したものを食べようと
しているのか。
しかも未来永劫、食糧をふんだんに輸入できるのか。

現に今現在、畜産の輸入飼料が昨年から高騰し、畜産農家は
廃業に追い込まれていると聞く。

農水省の皆さんも一生懸命、食や国土(農地)のことを考えているのだろうが
現場にはなかなかそのことが伝わってこない。

何だかもどかしいことだらけ。
でも、今日たんぼに行って思いました。

私の作ったお米を必要とされている方がいる限り、世の中がどのように
変わろうとも愚直に米を作り続けると。

久々に心が燃えた一日です。

# by hanasaka0 | 2009-02-03 15:47 | Comments(0)

送別会 その2

こんにちわ

今日も大地を守る会、手島さん送別会のお話しです。

昨日も書きましたが、送別会には株式会社 大地を守る会の
取締役の方々も多数出席されておりました。

その取締役トップ、社長の藤田和芳さんもおりました。
千葉県の生産者新年会から駆けつけたとのこと。
ここにも手島さんの人柄が現れていると感心しきり。

ご存じの方も多いとは思いますが、藤田さんは
100万人のキャンドルナイトの仕掛け人!
今や国民的イベントになっていますよね。
環境省を巻き込み、東京タワーをはじめとする
全国各地のライトアップを消した、偉大な方です。

そして、世界を変える社会起業家100人に選ばれました。
そんな方とのツーショット。
結構緊張している戸澤です。

c0196062_11494397.jpg


このような偉大な方にも負けないよう、
天下無敵の百姓魂を存分に発揮したいと思います。

# by hanasaka0 | 2009-02-03 11:56 | Comments(0)

送別会

こんにちは。

野暮用が続き、数日間ブログをアップ出来ませんでした。

先週の金曜日(30日)に東京に行ってきました。
仕事も当然ありましたが、その日は普段から大変お世話になっている
株式会社 大地を守る会の社員、手島さんの送別会に出席してきました。

手島さんは大地を守る会に勤められて16年。
最後の部署はツチオーネという名前のカタログを作成するところでした。

その前が農産チームのチーム長をされて、花咲農園も大変お世話に
なりました。

c0196062_15431548.jpg


写真は手島さんとのツーショット。
ちょっと(かなり)緊張気味の戸澤と笑顔が相変わらず素敵な手島さんです。

この日は日々の仕事が忙しいにもかかわらず、沢山の社員の方が
出席されていました。
これも手島さんの人徳だな~、と感心しきり。

c0196062_15461999.jpg


写真は会場の一部です。
もっと沢山の方がいたのですが、戸澤の写真の腕前が悪く
このような写真のみです。
お許し下さい。

「百万人のキャンドルナイト」
の仕掛け人で大地を守る会、会長の藤田さんも出席されていましたが
この話はまた明日書かせていただきますね。

PS:秋田ではインフルエンザで学校閉鎖も出ました。
くれぐれも風邪など引かれませんようご自愛下さいませ。

# by hanasaka0 | 2009-02-02 15:54 | Comments(0)

農を変えたい東北集会in福島 その2

おはようございます。

今日は農を変えたい東北集会in福島の2日目の内容です。

この日はまず最初に分科会が開かれました。
5分科会がありましたが、私は「農産物のマーケティング」
の分科会に参加しました。

4名の方の発表があり、それぞれの取り組みを聞くことが出来ました。

印象に残ったのは、福島の方のお話しで「農産物価格は自分たちが
決める。
そのためには絶対的に美味しいものでなければならない。」
と話されていたことでした。

私も全く同感だと思っています。

いくら身体によいものでも、美味しくなければなかなか食べませんよね。
今年も美味しい農産物を作るよう、最大限の努力をします。

c0196062_957593.jpg


この写真は分科会の発表者の話を熱心に聞き入っているところです。


その後、東北各地の有機農業の推進状況が報告され、その話を受けて
茨城大学農学部部長の中島紀一先生から集会のまとめとして
「食と農の新しい時代を拓くために」
と題してお話しがありました。

食をめぐる現状や農業のこれからの展望などのお話しがありましたが
大変参考になる話ばかりでした。

c0196062_1043112.jpg


上の写真は中島先生がお話しをされている一こまです。

中島先生は本も沢山書かれております。
大変ためになる内容で、私もほとんど拝読しております。
もしよろしければ皆さんも読まれてみてはいかがでしょうか。

# by hanasaka0 | 2009-01-27 10:08 | Comments(0)